こらん草 (一筆抄)

              ー 過去記事いろいろ ー 
           
  

                                                     
 日夏もえ子



会津鉄道 湯野上温泉駅


        電子書籍 
                                    201581


  林芙美子の「放浪記」を電子版Kindleで読んだ(無料)
    
文庫本は文字が小さく目が疲れたため、急きょ電子版に切り替えて、正解だったような気がします。
 
  目下読んでいる「浮雲」もkindleで購入したもの(200円也)
  Kindleストアーで購入をクリックすると、数分でダウンロードしてくれ、すぐ読み始めることが出
    来ます。
    文字が文庫版より大きいため、目にあまり負担がかからないので、比較的楽な気がします。

    ただ、紙の本の大事さは承知しているので、amazonで買い手元に置きながら、「今何ページ?
   と対比しつつ、 読み進めています。
 
      それにしても、林芙美子の筆力には、”目からうろこ"です。

  ”臆面もなく、これでもかこれでもかと人間のはらわたを書く"
   
   その筆の運びには驚きの連続です。
 
 「浮雲」を読んでいる途中ですが、先ほど山崎豊子の「大地の子1.」をKindleで購入。

 
      悲惨な太平洋戦争の犠牲になった、満州国での残留孤児の物語を描いていますので、改めて読み返
   してみたいと思っています。

 

      大作家の本の後に、はなはだ恐縮ではありますが、
   ちなみに私の著書「越境の映画監督 日夏英太  郎」もkindleから出版しています。
 こんな感じです。
        
「越境の映画監督 日夏英太郎」

 
       猛暑たけなわです。
 
        どうぞ皆様お身体を大事になさってくださいませ。


      
                                                              

      HOME                                          アパート管理